外壁・屋根

外壁

外壁塗装・外壁関連工事

外壁塗装の劣化原因は、雨・風、そして紫外線、そして塗料自体の寿命。劣化が進むと新築時の艶が失われ、ひび割れたり、コケやカビの発生、そして塗料の剥がれも生じます。コケやカビ、ひび割れ、コーキングの硬化などの劣化が進む前に是非、外壁のリフォームを検討しましょう。

塗装の種類

外壁塗装の主流であるウレタン系やシリコン系塗料の耐久性は、短いもので5~10年、長いものでも10~15年がほとんど。最近はフッ素などの高価な塗料を採用する住宅もありますが、塗料の耐用年数は15~20年と長くても、塗料と塗料のすき間にあるコーキングは、やはり10年程度で硬化したり剥がれたりして、雨漏りの原因を作るため、早めの点検が必要です。

その他の外壁(サイディングなど)

塗装補修や塗替えはもちろん、ガルバリウム鋼板などのサイディングをカバー工法によって施工する外壁リフォームもございます。サイディングの構造ももちろんですが、元々の外壁と新たな外壁の間に空気層を設けることによって断熱性がアップし、冷暖房費を抑えらえる省エネなリフォームも可能です。

屋根

屋根葺き替え・屋根関連工事

太陽からの紫外線、雨や風から室内を守っている屋根は、住まいの要。現在多く採用されているスレート屋根の耐用年数は、15~20年。10年ごとの塗装補修を推奨しております。割れや色褪せ、カビやコケが発生していると危険信号。防水の切れも発生している恐れもあるため、点検も含めて屋根の葺き替えをお勧めしております。

雨樋交換

屋根の葺き替えの際には、雨どいの点検、補修、交換も一緒されることをお勧めしています。雨どいの耐用年数も屋根と同様15~20年です。

防水工事・しっくい工事

瓦屋根の住まいには、瓦と瓦の接着に「しっくい」が用いられています。このしっくいは劣化しやすく、まめにメンテナンスしていないと、雨もれや瓦の崩れの原因になってしまいます。トタン屋根やスレート屋根の防水対策も万全に。