フローリング

床の張替えリフォーム

住まいの床は、生活をしている以上、歩かない日はないと思います。そのため、徐々に経年劣化は進んでいきます。

床がきしむ音がしたり、歩くと沈んだりという症状はありませんか??
お住まいの環境にもよりますが、張替えの目安として、10年~15年と言われています。

経年劣化以外にも、部屋の雰囲気をガラリと変えたい!という場合にも、張替えはオススメです。床の面積が広い分、張替えるだけで、部屋のイメージを一新することができます。

床材の種類はたくさんありますが、よく使われているフローリングについてご紹介します。

■無垢材フローリング
無垢材は、丸太から切り出した、自然な状態の木材のことをいいます。そのため、木のぬくもりを感じることや、木目を楽しむことができます。
また無垢材には、自然の調湿効果もあり、湿度を一定に保とうとするので、部屋を快適に過ごすことができます。

■合板フローリング
複数の合板を接着剤で張り合わせ、表面に天然の薄い板を張りつけたフローリングです。
無垢材に比べると、傷や汚れがつきにくく、お手入れもしやすいことがメリットです。

フローリング工事

フローリングの張替え工法

張替え工法は、大きく分けて2種類の方法があります!

① 既存の床を剥がしてから行う『張替え工法』

一度床を剥がす作業や、廃材がでるため、費用は割高になりますが、下地の状態も確認することができますし、シロアリ被害を確認するいいタイミングでもあります。
10年以上経っている場合や、フローリングの劣化が激しいようであれば、こちらの工法をオススメします。

② 既存の床の上から新しい床を張る『重ね張工法』

張替え工法に比べ、剥がす手間がないことで、工期が短くなり、廃材も出ないので費用も抑えることができます。床の傷や汚れが気になる程度であれば、重ね張で対応することができます。

やまもとくんキャラクターライオン
どちらの工法で行うかは、劣化状況なども含め、リフォーム会社へ相談してから決めましょう。また床暖房など、床を剥がしてから行うようなリフォームを検討されている場合は、床の張替えもあわせて行うことをオススメします♪
お問い合わせ

Please follow and like us:
Posted in リフォームの基礎知識, 内装リフォームの基礎知識