在来工法の風呂

在来工法の浴室からシステムバスへ

皆さんは『ヒートショック』ってご存知ですか?
ヒートショックとは、室内の温度差で血圧が急激に変化してしまう現象です。
この現象により、心筋梗塞や、脳梗塞を起こし命を落としてしまう危険もあります。

そして、ヒートショックのほとんどが、浴室で発生しています。
在来工法の浴室は、一昔前に主流となっていた建築方法で、床や壁をコンクリートとタイルで作っている為、冬場は特に寒さを増し、ヒートショックの危険性が高まっているんです。

また在来工法の浴室は、寒さだけではなく、タイルの滑りやすさや、目地にカビが生えやすく掃除が大変であったり、経年劣化により水漏れを起こすことがデメリットとしてあげられています。

こうしたこともあり、現在では、在来工法の浴室から、システムバスへリフォームする方が増えてきています!

ユニットバス

システムバスとは??

システムバスは、工場で浴槽・天井・床・壁のパーツを作り現地に運んで組み立てる工法です。現場での作業が少なく、工期も短く済むのも大きな特徴です。

システムバスのメリット

① 工期が短い!
先程もご紹介したように、工期が短く、施工期間が在来工法の3分1ほどで済みます。
工期が短く済む分、人件費も安く収まるため、家計への負担も少なくなります。

② 在来工法の浴室に比べ温かさが圧倒的!
システムバスは、浴室まわりの壁や床が二重構造になっていることや、一体成型されている為、隙間もほとんどなく保温性に優れています!空気もお湯も温かさが持続します。

③ 掃除が簡単!
在来工法の浴室ですと、タイルとタイルの間の目地にカビが生えやすく、掃除をするのも一苦労でした。しかし、システムバスであれば、お手入れが簡単な素材で出来ているため、今までの苦労が軽減されます。

やまもとくんキャラクターライオン
システムバスが主流となっている現在では、各メーカーで様々なラインナップがでています。一度腰をかけてから入浴できるようなタイプや、浴槽をまたぐ高さを低くしたものなど、安全性、健康面にも配慮して作られています。またお風呂で過ごす時間を心地よい時間になるよう考えられてきています!
浴室は家族が毎日使う場所なので、生活にあわせて最適なものを選んでください!

お問い合わせ

Please follow and like us:
Posted in バス・洗面台リフォームの基礎知識, リフォームの基礎知識