リビングからアイランドキッチン

アイランドキッチンのメリット・デメリット

キッチンは料理をする人にとって、家の中でとても重要な場所です。
使い勝手のよさは、もちろんですが、素敵なキッチンであれば、毎日の料理作りのモチベーションもかわってくると思います。

皆さんは、キッチンというと、どのようなキッチンを思い浮かべますか??
キッチンのタイプは、大きく分けて2種類!

対面式キッチンと、壁付けキッチンがあります。

ちなみに対面式キッチンだけでも、

  • ペニンシュラキッチン
  • I型キッチン
  • L型キッチン
  • アイランドキッチン
  • セパレートキッチン

と5種類もあるんです!!

今回はその中でも、近年人気な〖アイランドキッチン〗について、ご紹介します!

〖アイランドキッチン〗

アイランド=島 という名前の通り、壁と接する部分がなく、島のように独立したなキッチンのことをいいます。
知っている人は、一度は使用してみたいと憧れをもつ方が多いかと思います!

アイランドキッチン

■ メリット
・料理をしながらでも、ご家族と会話を楽しむことができる。
・家事の動線がスムーズで、料理を運ぶときも、短い距離で移動することができる。
・リビングやダイニングと一体感のある開放的な空間をつくることができる。
・作業スペースが広いので、複数の人数でも作業がしやすい。

メリットの多いアイランドキッチンですが、もちろんデメリットもあります。

■ デメリット
・開放的であるがゆえに、キッチンの様子が常にみえてしまうため、生活感がでてしまう。
・壁に接していないため、油がはねてしまい、周りが汚れてしまうことや、調理中の臭いが部屋に拡散しやすくなる。
・広いスペースがないと、アイランドキッチンに場所をとられ、リビングが狭くなってしまう。

やまもとくんキャラクターライオン
メリットもデメリットもあるアイランドキッチンですが、使い方によっては、とても素敵な空間になります。デメリットには、解決策もあるので、アイランドキッチンが気になっている方は、プロに相談してみてはいかがでしょうか。
お子様や、ご夫婦で一緒に料理をしたり、ホームパーティーをひらいたりと、アイランドキッチンにして、楽しみの幅が広がるといいですね♪無料見積もり

Please follow and like us:
Posted in キッチンリフォームの基礎知識, リフォームの基礎知識