外壁塗装の必要性

ホームメーカーで新築すると、大抵の場合築10年のタイミングで外壁塗装を勧められると思います。
ホームメーカーのご担当者のお見積りは高額な場合が多いものの、外壁塗装の会社をよく知らないために、渋々お見積りのとおりの金額で塗り替えをする方が多いようです。

その金額はともかく、築10年になると点検だけは行ったほうがいいでしょう。
特に塗装の劣化のチェックは必須です。なぜなら、表面を保護している塗装が剥げてしまったりした場合、目に見えないところでどんどん柱や壁などの構造の腐食が進んでしまうからです。構造の腐食などが心配になる頃には内部がボロボロになっていることが多いのです!

つまり、点検-塗装を繰り返えすことが家を長持ち秘訣なのです。仮に築10年で痛みが無い場合でも築15年での塗り替えをお勧めしております。

塗替えのタイミングを逃して、壁の張替えや大規模なリフォームを行わなければならなくなるよりも、早めに早めに塗替えで対応するのが賢い住まい方です。
もちろん、壁を塗ることで新築のように美しく蘇り気持よく暮らせるのですから、一挙両得なのです。

Please follow and like us:
Posted in リフォームの基礎知識, 外壁塗装の基礎知識.